得!得!廃車の豆知識

コレクションとしての廃車


廃車の記念になにをする?

廃車の記念になにをする? 愛着のある自動車を廃車にするのは感慨深いものです。誰しも廃車の時に何か記念にしようと考えた事が有るのではないでしょうか。
そのような例をいくつか挙げて見ます。
まずは洗車ワックス。あまり思い入れのない自動車の場合は全く違いますが、やはり愛車と別れる前は身綺麗にしてあげたいと思うのが常というものです。
次にするのは愛車の写真撮影でしょう。しかし、取り外せる部品ならフロントグリルを部屋に飾る事も有るでしょうし、あちこちいじっている場合は昔から変わりらない物というとハンドルを取っておく事でしょうか。
かさばるのが嫌な場合はエンブレムをとっている方も少なくないでしょう。それともマスターキーの一つという方もいるかもしれませんね。
そして全ての方がそうするかどうかは別として、最後のドライブに出かける方がほとんどではないでしょうか。そして、近年ならではの記念品としては、愛車のナンバープレートをデザインした、ストラップに付けるプレートにするのも有りでしょう。
これならかさばりませんし、追加で刻印も出来ますので、思い出に取っておくには良いアイテムと言えるでしょうか。

コレクションのための廃車処理

車によっては自走できなくてもコレクションとして残しておきたいという方も多くなります。
このような場合には一時抹消することで税金を払うこと無く長期保存することができます。
廃車には一時抹消と永久抹消があり、コレクションのように道路を走らせることはないがリサイクルにもまわさない方法としてよく利用されます。中古業者が転売するためにもナンバーをつけずに置くことも一時抹消です。
一時抹消は永久抹消とは違ってリサイクルしませんので物として所有することができます。
また、廃車処理をした後でも車検を再取得すれば乗れますし、転売するときには所有権を移すだけです。車によってはレースなど公道を走らない車もありますが、このような場合も一時抹消処理をしてナンバーを外して楽しむ方が多いです。
コレクションとして購入の場合は最初からナンバーを取らないという方も多いですが、一度は乗りたいということで多くが乗った後に一時抹消処理をする場合が多いようです。