得!得!廃車の豆知識

廃車の基準と金額について


廃車にかかる金額について

廃車にかかる金額について 廃車には2種類の方法があり、一時抹消と永久抹消があります。双方とも陸運局にナンバープレートを返却し、所定の手数料を支払いますがその金額は車種によって異なりますが5万円前後の場合が多いです。
この作業は代行業者を利用することもでき、その場合はさらに手数料が2万円から5万円程度かかることになります。
また、廃車の際、リサイクル業者に搬入するならレッカー費用がかかり、車種によっては10万円を超えるケースも多いです。
廃車には費用がかかりますが、税金が掛からないということで自走できない、水没、事故車、乗らないなどの場合には行われています。
この金額は一括で支払う必要があり負担が大きいですが、廃車専門の買取業者などを利用すればパーツごとに査定をし、最低でも各種手数料とレッカー費用は無料にしてくれます。
車の置き場所はかなりの敷地が必要です。これらの業者をうまく利用すれば土地の再活用にも繋がり、節税にもなるので検討して見る価値があります。

愛車を廃車にする際の基準とは

長年大切に乗っていた車も、年数が経つことによって様々な箇所に故障や不具合が生じるようになってきます。
最近の車は以前の物に比べて長持ちするとは言われていますが、それでもやはり経年劣化は必ず起こってしまうものです。
少しの故障や不具合であればその都度修理をしながら乗り続ける事もできますが、あまりに故障が多くなると修理費など維持費もかさんでくるので思い切って廃車にしてしまうというのも一つの選択肢です。
廃車にする基準は様々ですが、やはり修理費用や維持費が新しい車を購入できるほどになったら買い替えを検討すべきだといえます。
また、古い車になると修理するための部品が製造されなくなってしまうこともあるので、こうした事も車を手放す基準にするのも良いでしょう。
廃車にする際にもスクラップなどに費用がかかってしまいますが、廃車専門の買取業者に相談すれば故障などが多い車であっても現金化できる可能性があります。
無料での査定を行っている業者も多いので、気軽に相談してみると良いでしょう。