得!得!廃車の豆知識

廃車をお得に行う方法


廃車をお得に行う方法

廃車をお得に行う方法 廃車はいろいろな手続と費用がかかります。
費用についてはリサイクル業者や各種保管場所まで運ぶレッカー費用が車によりますが数万円から場合によっては数十万円かかるケースもあります。
また、陸運局での手続では4,5万円の手数料がかかりますし、税金を滞納している場合は一括で支払う必要があります。リサイクル券を発行していない場合はここでリサイクル費用も発生します。
また、手続については陸運局での手続の他に名義が違えば名義変更もしくは委任状の作成が必要です。
また、車を永久に抹消するならリサイクル業者の完了通知が必要です。
このように手続を個人で行うのは負担がかなり多く、これまではディーラーなどに一任することが多かったようです。しかも手数料負担が大きいのも問題でした。
そこで注目されているのが無料で引取、手続をしてくれる廃車買取りサービスです。廃車手続きを無料で行うだけではなく、車の価値をパーツや原材料として見てくれるので車によっては中古車査定並に高く買い取ってくれる業者です。
このようなサービスは増加傾向にあり、今では不動車や水没、事故車など価値がないと思える車まで無料で引取、査定をしてくれますし、ローンが残っていればその処理も対応してくれます。

廃車をに住民票が必要になる場合があります

自動車を廃車すると言うことは、自動車を解体してリサイクルすると言うだけでなく、登録を抹消すると言うことでもあります。
ナンバープレートを返して様々な登録を抹消して、自動車税等の課税を止めると言う意味もあります。
そのためには車検証など自動車に載せてある書類だけでなく、実印の委任状は必要になります。
実印の委任状と言うことは、委任状の印鑑が実印であることを証明する印鑑証明も必要になると言うことですが、そのときに気をつけなければならないことがあります。それは車検証と印鑑証明の住所や氏名が異なっていないかです。
本来婚姻や転居で氏名や住所が変わったときにはすぐに自動車の登録も変更しなければなりませんが、うっかりそのままになっていることがとても多いのです。
廃車する場合に住所が転居によって変更になっていた場合に必要になるのが旧住所の載っている住民票です。2回以上引っ越していた場合でなければ普通に住民票を取り寄せれば車検証の所有者が委任状の本人であることがわかりますので住民票を用意します。
しかし転居を何度もしていたり、婚姻等で氏名が変わっている場合には住民票ではわかりません。その場合は戸籍抄本が必要になります。

廃車に関するおすすめリンク

買取実績90パーセント以上の廃車専門店のサイト

廃車 三重